11月15日(木)

娘が昼寝しなかったので、夜かろうじて起きていられる。読みかけの本がやっと読了できそうな、予感にうちふるえながら、てみじかに日記を書こう、と思う。そういえば今日はふと、ひとの日記を読んでいて、束で読みたいと思った。

今週はずっと外出していた。そんなことはめったにないので、さすがにつかれがでている。さいきん、まだあそんでいたい娘が、どうしてもその場からうごかなくなったとき、泣き叫ぶのをかつぎあげて(しぜんと横抱きになる)移動する、というのを厭わなくなった。自分が苦しいとかんじたら、どうするか見直す、ということを子育てでは繰り返しているのだが、やはり児童館で二時間、ただ娘の要求を受けいれるだけ……というのは立ちゆかないな、あかんな、となったのだった。それを悠然とできる夫、まあそうするしかないですよね、という公園で会ったおかあさんからの影響もあり、必要あらば、自分もできるようになってきた。

今日もある場所で、よいしょと娘をかつぎあげる。とうぜん泣き叫びはじめる娘に、周囲から、「あら、かわいそう」「まだ遊びたかったわよねぇ」という声が聞こえてきた。おそらくわたしは、こういった声が聞きたくなくて、この行為ができなかったのだと思う。でも、実際に言われてみると、あんがい平気なものだった。わたしだけでなく、親ならきっとだれだって、その場その場で、最善をつくしてるのだ。

ちかごろ娘の成長がすさまじく、また日記が追いついていない。おいおい、書こうと思います。自分にとって、書くのが難しいとかんじていて後回しにしていた、子育ての大変だったこととか、リトルプレス用にと構えるのではなく、まずここに書いてみようかなとも思っています。

2件のコメント

  1. そういえば、はじめてこちらにコメントします◎
    (今までなんでかツイッターに感想をコメントしていたわたしは一体)

    担ぎ上げる…というところにド反応してしまいました。
    横抱きで担ぎ上げるのって結構力が入りやすくって、意外と持てますよね〜!
    わたしもイヤイヤと立ち行かなくなったむすめを何度担ぎ上げたことか…
    土方の大将ばりにおりゃ〜!と肩に担ぎ上げて、むすめを持って帰ったことも多々あります。
    もうなんでもできる気がしますね〜はははっ

    「自分が苦しいとかんじたら、どうするか見直す、ということを子育てでは繰り返している」というところ、もっと色々お聞きしてみたいとも思いました(^^)
    ほんとうにうまくいかないことだらけ、見直す余裕も実際はあまり持てないくらいですよね。。

    かおりさんとはお会いしたら、ダラダラとずーっとおしゃべりできそう…そんな気を勝手にしています!

    1. まみさん〜♡ コメントありがとうございます!ツイッターでもこちらでも、とてもうれしいです!

      肩ですか! わたしも大将ばりに強くなりたい…。実際に担ぎあげられるようになって、なんでひとの目なんて気にしてたんだろう、と思いました〜。
      声のメルマガで、「子どもの行動には理由がある」というのがありましたけど、理由はわかっても、それを全部受けいれるわけにもいきませんもんね…。

      「見直す」のこと、どうもありがとうございます! また具体的に書いてみますね〜(^^) 見直すといっても、やめる、とか諦める…くらいな気もしてきました。。

      わたしもほんとそう思います〜!まみさんとはずっとおしゃべりできちゃいそう…!いつもつぶやきに共感しまくりです〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です