11月28日(水)

夕方を過ぎ、風がつよく吹く音が外から聞こえてくる。わたしの体調はだいぶ回復したが、あーちゃんは咳こむようになってしまった。今日で引きこもり五日目。昨日から食欲もなくなってきているなぁ、と思ったら、娘の舌に口内炎を発見した。とくにパンやご飯の主食が食べられない。昼ごはんはおかゆにして、こまかくした蒸し鶏を混ぜてみたら、「おいしい」と言って、完食してくれた。

冒頭のなんだかよくわからない写真は、家ですることのなくなってきたわたしたちが、敷き布団のカバー内に入りこみ遊んでいたとき撮ったもの。ほの明るいかんじが、炬燵のなかにいるみたいだった。きゃっきゃと騒いでいるうちにふと、ここに夫がいたらもっと楽しいのかな、と思ったら、あーちゃんが「とうちゃん、おしごと、いっちゃった」と言った。おなじことをかんがえていたのだろうか(夫の帰宅後、三人で入ってみた。『テントみたい』と夫は言っていた)。

こんなかんじで暇なので、娘の顔をみてはキスばかりしている。ちなみに唇同士ではしない、というルールが夫とのあいだであり、頰ばかりにしていた結果、娘にとって「ちゅー」といえば、頰でする行為となっている。わたしからするときは、唇で娘の頰にキスしているのに、娘に「ちゅーして」というと、自分の頰をさしだしてくるのだった。

すべての元凶は鼻水だ。ほぼ同時に鼻風邪をひいたわたしたちだが、自分で鼻がかめないというだけで、娘は風邪をこじらせつつある。鼻水をあまくみていた。鼻吸い器をはげしく嫌がるので、力のつよい夫が自然と、鼻吸い係になっていたが、日中も吸うことの必要性にやっと気がついた。回数がすくないほうがいいと、なんとなく思いこんでいたが、鼻吸い器は一日に何回も使用していいと知り(ネット調べ。親側には流入しない、ピジョンのものを使用)、でもつよくやらないように気をつけながら、娘の様子をみて吸うことにした。嫌がることは嫌がるのだが、吸うよーというと、運命を受け入れたように、わたしの膝に転がってくる。

そういえば、修理から戻ってこないわたしのMacBookだが、諸事情により、金色からピンク(ただしくはローズゴールド)になって戻ってくることになった。色はすこし不本意だが、なぜか中身がグレードアップするという……そんなことってあるんだ、という結果になった。といっても、まだ時間がかかりそうなので、ひとまず金色が返品されることになる。ずっと自分のPCに名前をつけ、人格化してきたわたしだが、それがいつも男性だったので(話はんぶんに聞いてください)、ピンクということは、つぎは女性なのか、それも安易な考えだろうか。それにしても金色のまくおは、産後のどたばたのさなか購入したので、思うようにぜんぜん使えておらず、これからもっと使うぞと思っていた矢先のこの結果、なんだか不憫になってしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です