9月19日(水)

あまりにも元気がでない。顔に日焼け止めを塗ったまま寝て、出かける前に洗い流す(これをよくしてしまうのがわたしの現実だが、美容がすきだし、美容の話がしたい)。午前はいつもの公園。昨日、雑草を抜いていたおばあちゃんと遭遇した娘、その真似をしてずっと土と砂を触っていたが、今日もブームはつづく。砂かけ婆のようだった。

あーちゃんの口癖が「もう、いい」と「むり」で、完全にわたしがいってるからやん、と青ざめている。あと、「めっちゃ○○」とかいう。「こわい」という感情の表現がはげしくなり、おばけ、飛行機の音、犬の吠える声、虫(どんなに小さいコバエでも)が苦手。泣いて怖がるときもある。

夫のお弁当用にキャベツとソーセージのスープを仕込んで、力尽きる。夕飯はクックドゥに頼ろうと決め、セブンティーンアイスを食べにいく。今日はブルーベリーチーズケーキ味。すこし元気がでる。アイスの自販機が設置してあるのは書店なのだが、そこでシュタイナー幼稚園のチラシを見つけ、もらってくる。家の近くにあるようで気になるが、テレビやネットで動画を見せまくりなので、どうなのだろうか…。

さいきんは女性性が、自尊心が、と叫びたくなるような気持ちになることが多い。このことは、親友とも朝まで語りあえそうだね、とメールや手紙ですこしずつやりとりしていて、年内に会って話せるかどうか。

女性性といえば、みれいさんのインスタを見ていたら、有紗さんのライブペインティングについての投稿で〈女性性ってこういうふうに発露するのよってありささんが教えてくれた〉とあり、ほお…と思う。イベントにはみれいさんもいらっしゃって、お話したりはできなかったけれど、会場からの去り際、わたしは思わず手をふってしまって、みれいさんからふり返してもらった。失礼だったかなぁ、とあとから思う。高校の修学旅行で、すきだった先輩(は留年していて、クラスが同じだった)と、とくに話したりもできず、帰り際に手をふったらふり返してもらったことを、思い出した。そのことと、気持ちとしては同じだったような気がする。

元気がないと、声のメルマガも聞けない。先々週から途中のままだ。たぶん、直視したくない問題が、ひそんでいるのだと思う。