6月16日(日)

数日まえから、クルちゃんがまた庭に現れるようになった。体つきがふっくらしている。クルちゃんとは、わたしが妊娠するまえにわが家の庭に通っていた、とても人なつっこい野良猫だ。産後ばたばたと過ごしているうちに、姿を現さなくなってしまって、三年ちかくが経とうとしていた(過去の日記https://banmatsuri.net/2018/09/page/15/にも登場している)。動物ずきなあーちゃんはとにかく大喜びである。クルちゃんはあいかわらず人なつっこくて、わたしたちも嬉しい。

また用もないのにイオン。キャラクターカートに乗ることができたら、あーちゃんが喜ぶかもしれない、という一心で行く。でも、いちばん好きなキティちゃんがなかった場合に備え、夫がアンパンマンかくまのプーさんでも今日はいいやんと、説きふせてから出発した。そうしたら、全キャラクター大集合な感じでカートがあって、キティちゃんも二台あるなか、プーさんに乗ると娘は言う。十分後くらいにやはり「キティちゃんがいい」となって、夫がカート置き場に走るも、もうなかった。おそるべしイオン。ミスドでお茶して、はやばやと退散する。

「かっちかちのごちぇんべぇ、たべてもらん?」

最近のあーちゃん語。もらん、がたまらん。

写真は、夕立ちにふられ、車から出られなくなった、いつかのお迎え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です